高知の福祉が大集結!!

WEB福祉フェア|高知県福祉人材センター

アンケートにご協力いただいた方には
QUOカードをプレゼント!

ふくしでQUIZ

問題1

介護は「しんどい」「大変」という昔からのイメージがありますが、今では機械を使ったかっこいい介護に変わってきています。更に、重い物や人を持ち上げてはいけないという新・腰痛指針が発信されていて、仕事の方法も見直されています。それでは、みんなに問題です!「機械を使って介護のしごとをする人、介護をされる人のどちらにもやさしいケア(介護)」のことをなんというでしょう。

ヒント:
“持ち上げる”を英語で「リフティング」と言うよ!“持ち上げはダメ(ノー!)”ということは…?
回答1
問題2

日本では、どんどんお年寄りが増え子供が少ない「少子高齢化」が進んでいます。たくさんのお年寄りを支えるために介護はなくてはならない仕事です。高知県の人口は68万人で日本で(A)番目に少ない県ですがお年寄りを示す高齢者の割合は35.2%となっており日本で(B)番目に多い県となっています。 それでは、みんなに問題です!A・Bそれぞれに入る数字を選択してください。

ヒント:
日本で一番人口が少ない県は鳥取県で55万人だよ!お年寄り(65歳以上)の人の割合が一番多い県は2019年の段階で秋田県の37.2%!100人中約37人が65歳以上ということになるね。高知県は何番目かな…。
回答2
問題3

たくさんの職業がある中で専門的な「資格」があるように、介護の仕事も同じように「資格」があります。介護は誰でもできる仕事と思われていますが専門的な仕事です。さらに、お年寄りの多い日本ではなくてはならない仕事の為、国もお給料面に力を入れており介護の仕事をしている人たちには特別に手当てが出ています。そのため、お給料が少ないというイメージも今では変わっています。
それでは、みんなに問題です!介護の資格には国の決まりで個人の能力や知識が証明される「国家資格」と呼ばれる資格があります。その資格の名前は次のうちどれでしょう。

ヒント:
働きながら色んな「資格」をとってチャレンジするともらえるお給料も増えることになるんだね!みんなもインターネットで< 介護士 資格 >で検索してみよう!!
回答3